≪グリーンメモ≫
玉川上水小川橋下流から50〜60メートル、左岸堤に接してアプローチ。藤棚を潜り抜けると…タイムスリップした気分に。
10年あまり前から公開している森田邸ガーデンには、四季折々の草花が咲き競い、野菜畑が広がってカントリーサイドの空気が!ハンギングバスケットや様々なコンテナからオダマキや千鳥草、ルドベキアなどがコンニチワ!

キーウィフルーツの棚の下にはガーデンテーブルセットも用意され、4月下旬〜6月初めのシーズンには摘み取ったばかりのカモミールティも1杯150円で。売上は社会福祉協議会に寄付しているそうです。

「何種類くらいの花が見られるんですか?」とオーナーの光江さんにお聞きしたら、「さあ、植えた憶えのない花もいつの間にか殖えて…数えたことはないけど年間130種類くらいは咲くかしら」。畑と花壇が混然としてアバウトなのが森田邸ガーデンの魅力でも。

今年の4月8日にオープンしためん処『松根』は知人の麺打ち講師・松根典子さんらスタッフにより、蕎麦粉も小麦粉産地にこだわり石臼でゆっくり丁寧に挽いた粉を使用。野菜は森田農園産。せいろ700円、野菜てんぷら500円。そばランチ1000円。武蔵野に伝わる糧うどん600円。営業時間は11:00〜14:30だが売り切れ次第閉店。木曜定休。

 
 Copyright (c) 2005- 小平シニアネットクラブ KSNC Allrights reserved